サンデリアーナ@トープ@絶賛改装中

Home > 雑記 > ペスト医師と信者

ペスト医師と信者

ペスト医師と信者
※クリックで拡大します

オリジナルケモノ。
ペスト医師(ヤブ)の鳥ペスカトーレと、熱心に神を信じる猫のクリスちゃん。
病の人の元へ現れては病は気からと幸せになれるマッチ棒を売り付けようとし、
断れば偶然近くに待機している超絶ヤブ医者に診てもらえちゃうという新手のサギ…
いや、クリスちゃんは善意でやっているのだ。たぶん。

ペスト医師。わくわくさせられますね。
何と心沸き立つ格好をしているのだろうか!
ペストマスクが怖いよぉうへへ
嘴のついた仮面なんてかぶっちゃってるので、もうまんま鳥でいいやんと思うのでした。
ポケモンにもシュシュプとフレフワンというそれっぽいのがいますよね。
どことなく不気味。

海外の怪奇創作をまとめたサイト「the SCP foundation」というサイトをご存知でしょうか、
これがまたえらい面白くて、読むと気づけば二時間くらいたっちゃうのですが、そのペスト医師の記述がまたいいんです。
ペスト医師の記述はこちら。

触れた者をぶっ殺し、解剖して変な薬を流し込み、それが済むと大人しくなるペスト医師「風」の危険生物。
そのペスト医師風生物が捕獲され研究されている際の博士との会話を引用。
SCP-049というのがその生物の呼称。
SCP-049:此処は何処だ?
????博士:何?ここは研…[????博士がレコーダを落としてしまいその音にかき消される]
SCP-049:研究施設?実に素晴らしい。道理で患者を見かけない筈だ。
????博士:あ…ああ。いや、君は話せないのかと思っていたよ。少し驚かされた、うん、話せるのか。
SCP-049:勿論話せるさ、紳士君。私はただ会話が好きじゃないんだよ。殆どの患者は鬱ぎ込んでしまって、会話をしてくれないしね。しかし改めて見ると、貴方は病気を患っている様には見えないな、貴方は医者だね?
????博士:ああ、その通り。[編集済]と呼んでくれ…しかし、"病気"とはなんのことだい?
SCP-049:何を言っているんだ、御医者君、黒死病の事だ。其れ以外に何が在る?
????博士:こくし…ああ、ペストか。次回は用意したほうがよさそうかな。だが、ここではだれも罹っていないよ、保証する。
SCP-049:嗚呼、御医者君、私も保証しよう。此処にも黒死病が在るとね。私の使命は世界から黒死病を無くす事だよ。私の治療はとても効果的だ。
????博士:君の治療?君の治療で何百人も犠牲になっているんだぞ!君の治療は間違っている!
SCP-049:御医者君、私の治療こそが最も効果的なのだよ。

[SCP-049は黙ると、それ以上話さなくなった。]
ね、いいでしょう(何

話それましたが、とにかくペスト医師はわくわくする。

拍手

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP